関節リウマチには薬物療法 HOME

関節リウマチの薬物療法について

関節リウマチと戦うための最大の武器は、薬による薬物療法です。リウマチの薬には二つのタイプがあります。関節リウマチの治療法には、薬による治療(薬物療法)のほか、運動療法外科療法理学療法などの種類があります。

リウマチの治療薬の種類
炎症の程度がヒドく、痛みが激しいリウマチ患者への治療は、薬により炎症を抑え、関節炎を起こしている自己免疫を抑える方法がメインとなります。リウマチに使う薬は、炎症の抗炎症薬と免疫の抗リウマチ薬になります。

抗炎症薬は非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAID)とステロイド薬の2つの種類があります。炎症があまりひどくない場合は非ステロイド系消炎鎮痛薬のみを処方します。そして、全身の関節にひどい炎症が起こっている場合は、非ステロイド系消炎鎮痛薬と抗リウマチ薬を両方用いて処方します。

薬は一般的にあまり激しい効き目ではない薬から徐々に効き目の強い薬へと変えていくようにします。しかし、症状の進行速度がかなり早い患者さんや、診断された時点で関節の傷の進行が早い患者さんの場合は、その限りではありません。

薬は、効き目が強いほど副作用も強く出てしまいます。なので、医師は副作用の状況などを伺いながら、薬剤の組み合わせ方や量も変えます。なので気になるところなどがあれば、すぐに医師に相談しましょう。副作用の心配をして、くれぐれも勝手に服用を辞めてしまったり、量などを変更することは辞めましょう

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > 関節リウマチには薬物療法

経済