リウマチの運動療法について HOME

リウマチの運動療法とはどんなの?

快適な生活を送るためには運動療法が大変重要になってきます。関節リウマチにおいては主に関節痛に苦しめられるので、なるべく関節を動かさないように生活しがちになってしまいますが、このように過度に安静しすぎるのは、逆に関節の変形を促進させてしまうのでこれではいけません。

関節は動かすことで、関節内に必要な酸素や栄養素を運ぶことができます。なので筋力強化をはかり、体重をできるだけ増やさないように、的確な運動療法を実践していきましょう。

筋肉が弱くなれば関節に負担がかかってしまいより変形してしまいます。体重も増えてしまえばそれだけ関節に負担がかかる力も大きくなるので、しっかり運動療法を行いましょう。

では具体的にどのような運動をすればいいかというと、有効的な運動は、自動運動等尺性運動と言われていているものがあり、自動運動は自ら動かせる範囲内で、関節を動かす運動のことで、リウマチ体操やラジオ体操などが非常に良い例になります。

等尺性運動は関節を動かさないようにして、筋肉のみを動かす運動のことで、ひじを曲げたまま。力コブを出すようにする動きが良い例です。痛みが強くて関節が動かせないときは等尺性運動をしましょう。出来れば極力毎日運動するよう心がけることが非常に大事です。まずは病気にも気持ちで負けないことです。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > リウマチの運動療法について

経済