炎症や痛みが劇的に収まるステロイド消炎鎮痛薬 HOME

炎症や痛みが劇的に収まるステロイド消炎鎮痛薬とはどんなの?

ステロイド系消炎鎮痛薬は副腎皮質ホルモンともいい、関節リウマチの炎症を抑える効果が、非常に大きい薬になります。このステロイド系消炎鎮痛薬は生体内の副腎皮質ホルモンを人工的に合成した薬剤です。ステロイド系消炎鎮痛薬を飲むと驚異的に炎症や痛みが治まります。

関節リウマチは朝から午前中にかけて痛みやこわばりを感じるのが特徴的ですが、これは副腎皮質ホルモンが午前4時ごろ最も分泌量が少ないのが原因と言われています。なので昼頃になると副腎皮質ホルモンの分泌量が多くなるので痛みも軽くなります。

ステロイド系消炎鎮痛薬は関節内に直接注射を打つことで、より一層関節リウマチによる炎症を抑えることが出来ます。しかし、これを頻繁にやると骨にはあまり良くありませんので注意しましょう。

このステロイド薬は大変効果が大きいので、やはり先ほどの非ステロイド薬同様副作用もより一層強くなります。ステロイド薬は炎症がかなりひどい時には抗リウマチ薬と併用して使われたりします。また、抗リウマチ薬に比べてステロイド薬は即効性があるので、抗リウマチ薬の効果が表れるまでの繋ぎ役として使われる傾向にあります。

ステロイドによる副作用
●赤顔
●食欲不振
●不眠
●肥満
●ムーンフェイス
●だるいなどの症状
●血圧の上昇
●多汗
●動脈硬化
●白内障
●緑内障
●胃の十二指腸潰瘍
●骨粗鬆症
●糖尿病
●筋肉障害
●血管炎

これらの症状がステロイド薬による副作用になります。なので薬物療法は副作用とも戦わなければならないので非常に大変なのです。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > 炎症や痛みが劇的に収まるステロイド消炎鎮痛薬

経済