関節リウマチ初期症状 HOME

関節リウマチの初期症状とはどんなの?

関節リウマチの初期症状の出かたは、このように現れるということは決まっていませんが、初期はあんまり症状が出ないことが多いようです。比較的早い時期に感てくる自覚症状としては、微熱が続く、顔色が悪い、体がだるい、体重が減った、気分がすぐれない、イライラする、汗をかきやすい、手足がしびれなどです。

これらは自律神経失調症のような症状にも似ています。また、初期の段階で検査をしても、関節リウマチの反応が陰性になることが多く、関節リウマチと診断されずに風邪や自律神経失調症などと診断されてしまうこともあるので注意が必要です。

病気が進行していくと、だんだんと手足の小さな関節が炎症起こしてきます。朝起きたときなどに関節にこわばりや痛みが現れ、関節を動かしにくくなるといった症状が出てきます。大体昼ごろになると、こういった症状は治まることが多いようですが、夕方ごろになると再び関節が痛く感じることもあるようです。

症状が軽い間は、数分間でこわばりも解消され、関節も動かすことが出来る様になりますが、関節リウマチの症状が進むと、なんと2時間や3時間も関節リウマチの症状が続くようなります。これは非常に大切なことですので、よく覚えておいてください。更に、症状の進行具合を詳しく計るためには、こわばりがどの程度継続するかがリウマチの進行度合いを知る手がかりにもなります。

さらに関節リウマチの症状がどんどん進行していくと、痛みやこわばりを感じる関節が、様々な部位、肘や膝、肩などの大きな関節に広がっていきます。関節リウマチという病気は左右対称の関節が徐々に冒されていくのも大きな特徴の一つになります。

関節リウマチという病気は痛みと腫れが現れだし、指などで押すとまるでゴムを押したかのような弾力があり、熱も感じられます。そして、長い期間にわたり肘や膝に硬いしこり、リウマチ結節が現れてしまうのです。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > 関節リウマチの初期症状

経済