リウマチ生化学的検査 HOME

リウマチ生化学的検査とはどんなの?

リウマチ生化学検査は、血液中に溶けている様々な物質の変動を調べて、病気が起こっていないかどうかなどを探る検査のことです。リウマチ生化学検査においては、検査の材料として血清を用いります。血清は血液から赤血球などの細胞成分と、フィブリノーゲンを除いたもののことです。血清中にはアルブミンというたんぱく質とグロブリンというたんぱく質があります。

正常な方では、アルブミンが、血清中のたんぱく質の半分以上を占めます。しかし、関節リウマチになると、この比率が逆転して、アルブミンのシェアがグロブリンより低くなってしまいます。

そしてこの血清クレアチニンの検査は、薬の副作用で心臓の働きに障害が起きていないかどうかをチェックするものです。クレアチニンは筋肉の中に含まれている、クレアチンという物質が分解されたときにできる物質です。

クレアチンは筋肉を動かすためのエネルギーになる物質で、クレアチンは、その使用済みの燃えカスのようなものです。腎臓は、血液中の物質を分けて、リサイクルできるものもほとんど吸収しながら尿を作っていきます。

クレアチンは普通は再吸収されずにそのまま尿の中へ排泄されるので、血液中にはほとんど残りません。正常な方では血液1dl中の量は0.6から1.2mgほどです。しかし、腎臓に障害が起こるとようなものを分ける能力が低下してくるので、数値が高くなります。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > リウマチ生化学的検査

経済