関節リウマチの症状とは? HOME

関節リウマチの症状とは?

関節に炎症起こして破壊してしまう病気です。

リウマチは筋肉や骨が冒されて手足など外貨の病気のことで、脳から全身に悪い液が流れてきて痛みがでる、または痛みが流れるようにどんどん移動することから、病名が付いたとも言われています。

リウマチと言うのは、広い意味では一つの病気の名前ではありません。関節や関節の周囲の骨、あるいは筋肉などに痛みが起こる症状をリウマチと呼んでいます。

五十肩や腱鞘炎などもリウマチの1種と言われています。
そのなかでも狭い意味でリウマチといえば、関節リウマチのことをいいます。
関節リウマチとは、全身の炎症性疾患で、特に関節に炎症を起こす原因不明の病気のことを指します。関節の炎症により、痛みや発赤、発熱、腫れなどがみられ、やがて関節の骨が破壊されて機能障害などの症状が起こる病気です。

特に、関節リウマチにより関節炎が起きやすいのは肘、足首、足の指の付け根の関節が挙げられています。かつて関節リウマチは慢性関節リウマチとも呼ばれていました。しかし最近、リウマチ学会が慢性をとることを決め、これは、リウマチの進行を抑える薬が開発されたことによるそうです。なので、早期にリウマチを治療すれば、進行や症状を抑えられ、痛みや骨の変形などもないことから、慢性の部分がとられました。

関節リウマチは特に女性に多い原因不明の疾病なので、約9割を女性が占めていて、30歳代から増え始め、40歳代が発症のピークになります。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > 関節リウマチの症状とは?

経済