リウマチ血液検査 HOME

リウマチの血液検査について

血液はリウマチに限らず健康状態を知るための情報としては最高に良い材料です。なんせ体全体の血液の量は、体重の約80%に相当すると言われていて、血液中には、体中に酸素を運んで炭酸ガスと交換する赤血球、免疫の働きをする白血球、出血を止める血小板といった様々な種類の血液細胞のほかに、たんぱく質、脂肪、糖質、少量の金属など、様々な物質が存在していて、栄養状態や体中での変化を敏感に反映させ、増えたり減ったりします。

なので、リウマチにおいても少量の血液さえあれば、外部からでは理解できない、大量の情報を手軽に入手することができるのです。

関節リウマチの診断のために行う血液検査には、炎症反応の検査免疫学的検査生化学検査抹消血検査の主に四つがあります。関節リウマチでの炎症反応の検査は体の中で炎症が起きている証拠があるのかを詳しく調べます。免疫学的検査ではリウマトイド因子が存在しているか、免疫の働き内容に関係する変化が起きていなかどうかをチェックしていきます。

生化学検査は、血液中の肝機能や腎機能などの変化から薬の副作用などから来る異常が起きていなかどうか調べる検査になります。抹消血の検査は、血液細胞の数を調べる検査です。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > リウマチ血液検査

経済