リウマチのリハビリテーション療法 HOME

リウマチのリハビリテーション療法とはどんなの?

リウマチのリハビリテーション療法を行なう場合は専門家の指導受けて効果的なリハビリをしましょう。リウマチ患者さんの機能障害は筋力低下から始まります。その次に関節の変形が始まります。このような障害は関節が破壊されてしまうのが主な原因になりますが、一番の大きな原因は痛いという理由で、手足をほとんど動かさなくなることです。

これではいけません。筋肉は使わなければ劣ってしまうので、効果的な運動により筋力強化と骨の強度を図り、関節の可動域を確保するために、リハビリテーション療法を行いましょう。リウマチのリハビリテーション療法はより早期に行なうことにより、リウマチの進行を抑えたり、機能改善効果が大変期待できます。

やはり、障害が体に出始めてからリハビリ療法を行うよりも、出始める前から行うことを心がけて行きましょう。障害が出てからリハビリテーション療法を行うのでは、改善するのがより困難になることは否めません。まずは筋肉や骨をとにかく丈夫にすることです。そうすれば痛みが軽くなります。これにより関節の可動域を広げて、これまでできなかった動作もできるようになります。

リウマチ患者さんは運動に消極的になる方が多いようなのですが、やはり治す為には積極的に運動する以外に方法はありません。しかし、自己流の運動は避けましょう。必ず専門医の指導のもと適切なリハビリテーション療法を行ってください。

運動療法は理学療法士に、作業療法は作業療法士の指導のもと、正しくリハビリテーション療法を、行うように心がけましょう。これを読んで前向きになられた方は、一度、理学療法士が付き添う運動療法を指導する、入院リハビリ体験をされるのも非常に良いのではないでしょうか。

>>リハビリの意味はコレだった<<

関節リウマチの方は、下半身強化をすると動くのが楽になりますので、是非強化していただきたいです。効率的な強化のしかたは、まず体重を減らすことです。これにより、下半身の関節の負担が軽くなって痛みも軽くなります。

体重の落とし方は、関節に負担をかけにくいプールウォーキングがおすすめです。特に泳ぐのは全身の関節を動かすことになるので、筋力強化と体重減少で一石二鳥です。私の知り合いでも、毎日プールに通っているリウマチ患者さんがいます。その方はプールが趣味になっているので、楽しみながら運動ができています。これは非常に素晴らしいことで、やはり前向きな姿勢が一番リハビリテーション療法には効果的だといえます。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > リウマチのリハビリテーション療法

経済