リウマチ教育入院とは? HOME

リウマチ教育入院とはどんなの?

リウマチ教育入院とは病気を系統的に理解し進行を抑える生活を送るための入院のことで関節リウマチの患者さんが、一般の方たちと同じように仕事をこなし、かつよりよい日常生活を送るためには、リウマチの専門的な医療機関と協力し対処していかなくてはなりません。

病院の短い診療時間のなかでは細かい説明を受ける時間に余裕がないことが多い。そこで最近は、関節リウマチについての説明会やリウマチの教育入院といった方法で、患者さんにリウマチ理解を深めてもらうという病院が増えてきています。

人間なのですから、生活環境や体なども、一人一人違います。いくら同じ病気であったとしても、すべての人に同じ治療を施しているようでは、なかなか効果も出にくいと思います。

そういった時に、患者さんに合わした、医療チームで、カスタムメイドの治療を考えて実践していくのが、リウマチ教育入院の目的と考えられます。

>>病院に行かず痛みをとる方法<<

さらに医師や医療機関との綿密なコミュニケーションの充実によって、関節リウマチについての病気の治療や理解を深めていきます。病院での治療は個々の医療スタッフが行うのではなく、患者一人に、周りの数人の専門スタッフがチームを作って診療する方法をとります。

さらに診療以外にも教育も含むので、まさにサポートチームと呼ぶ方がよりふさわしいです。患者さんがリウマチという病気を深く理解し、治療を行っていく過程をサポートするチームです。わかりやすく説明すれば、毎日リウマチの専門学校に行って、講義(リウマチの知識)と実技(リウマチ治療)を行うと思ってもらえれば、非常に分かりやすいと思います。ほとんどの病院ではリウマチ教育入院を進められると思うので、是非利用してみましょう。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > リウマチ教育入院とは?

経済