リウマチは膠原病? HOME

リウマチって膠原病なの?

膠原病とは免疫システムの異常が引き金となって、体の大部分が冒されていく病気のことをいいます。膠原病はウィルス感染などや、何らかのストレスによって自己免疫システムのバランスがおかしくなってしまい、自らの体を攻撃対象にしてしまう、抗体が出現してしまいます。

その抗体は結合組織を痛め、血管壁の細胞を傷つけてしまいます。なので、ひとつの臓器ではなく、全身の臓器に問題が表れる状態になります。なので、このような定義に当てはまる関節リウマチは膠原病であるといいます。

>>今すぐ関節の痛みとおさらば<<

膠原病にも様々な病気の種類があり、その病気だけの独特の症状が出ろのですが、膠原病の中には共通の症状もあります。例えば微熱が続いたり、関節や筋肉が痛んだりする症状が出ます。

しかも体全体の筋肉や関節が痛みだし、ほかにも、貧血、発疹、冷えると皮膚が白くなり、やがて紫色になるレイノー現象などが共通の症状として現れます。

なので、ある膠原病だと診断されていても、違う膠原病を合併したり、違う病気になってしまったりしていることも十分ありえます。膠原病の合併症としてリウマチを発症することもあり得るので大変注意していただきたいです。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > リウマチは膠原病?

経済