関節リウマチが発症する原因とは? HOME

関節リウマチが発症する原因ってどんなの?

現在においては未だに関節リウマチがなぜ発症するのか?そのはっきりした原因はよくわかっていません。しかし、関節リウマチには免疫の異常がかかわっていることは明らかになっているようです。

>>根本的に痛みと決別する方法<<

その免疫は、体の中にウィルスなどが侵入したときに、これらを攻撃する武器を作って、異物を攻撃し、体外に排出する防御システムのことを言います。しかし、抗原が消えていつまでも消えない抗体や、本来攻撃対象ではない自分の体に攻撃を仕掛けてしまう抗体ができてしまうことがあります。これを自己免疫疾患と呼びますが、関節リウマチもその疾患の一つになります。

リウマチ患者の70%に見られるリウマトイド因子(リウマチ因子)は、抗体の1種です。どのような抗原に対する抗体なのかといえば、抗体として働く免疫グロブリンGが、何らかの原因で変性したものと考えられています。

変性の原因はおもに加齢や炎症などです。65歳以上の人では、リウマチを発症していなくても、10%の人にリウマトイド因子が陽性であることからも、加齢が主な原因であるとされています。しかし、陽性の患者さんは7割で、このリウマトイド因子を持ってない患者もいます。また、リウマチを発症しない健康な人で陽性の人もいるようです。

関節リウマチの患者さんの遺伝子には特有な傾向があり、免疫に関係の深い遺伝子のHLAというたんぱく質です。関節リウマチの患者さんにはDR4というたんぱく質から作られたHLAを持っている人が健康な方のおよそ5倍います。このDR4が免疫システムに引っ掛かると異常が起こるとされています。

しかし、これらは決定的な原因とまではいえず、様々な細胞から作られるサイトカインという物質が、リウマチ発症原因と考えられているようです。リウマチなどの病気に限らず、自己免疫疾患はやはり男性より女性の方が率が高くなってしまうようです。なぜなら、自己免疫作用を高める女性ホルモンなどが影響していたり、女性の方がより高度な免疫システムを持っていることなどが挙げられます。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > 関節リウマチが発症する原因とは?

経済