若年性関節リウマチについて HOME

若年性の関節リウマチとはどんなの?

若年性リウマチは16歳以下の女児に多いのです。関節リウマチは、早期発見、早期治療が一番の改善方法だという事はお伝えしました。若年性リウマチは40歳から50歳にかけての女性がかかりやすい病気なのですが、16歳以下の子供に原因不明の関節炎が起きることもあります。これが若年性関節リウマチというものです。

若年性関節リウマチの症状は、全身型多関節型少関節型の主に3種類に分類されています。朝のこわばりがひどく、なかなか起きれないことが多いでしょう。若年性関節リウマチは発熱が続いたリ発疹が出たりもします。

治療が遅れてしまうと、眼圧が上がって視力障害を起こす緑内障になったりするので、注意しましょう。若年性関節リウマチは発病から2、3年ほど経過したら、眼球内にある、虹彩が炎症を起こす、虹彩炎を合併することもあります。

さらに、軟骨や骨が破壊されて、骨が固まってしまう状況は関節リウマチと同じになります。なので、少しでもおかしいなと思ったら、病院に行き、早期に積極的な治療を心がけてくださいね。全身型の場合は、40度の高熱を出し、その日のうちに37度くらいまで解熱するという症状を繰り返します。発疹や胸膜縁、心筋炎なども合併症としてひき起こります。

若年性関節リウマチの発症のピークは2歳から10歳前後で、その中の約半分の方が成人の関節リウマチに移行していきます。多関節型は、10歳以上の女児が圧倒的に多いので親御さんは気をつけなければなりません。脊椎に炎症が起きると、発育障害が起こる可能性もあるので、早期治療を心掛けましょう。

少関節型は、あまり日本人に多くない型なので、あまり気にしなくてもいいのですが注意はしていきましょう。特に子供さんの場合は、関節痛を成長痛と、誤解されることがありますが、朝方に症状が強く出て、関節炎症が起きます。

さらにひざや足首、肘、手首などの関節が痛み、指の関節など、小さい関節にも炎症が起きることもあります。子供さんの場合は、本当に注意が必要なので親御さんは特に気をつけてくださいね。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > 若年性関節リウマチについて

経済