関節リウマチの炎症を和らげる非ステロイド消炎鎮痛薬 HOME

関節リウマチの炎症を和らげる非ステロイド消炎鎮痛薬とはどんなの?

関節リウマチの治療でも最も広く使われていたのが、この非ステロイド系消炎鎮痛薬になります。まず、関節リウマチにおいては炎症が起こるとアラキドン酸が作られます。このアラキドン酸がシクロオキシナーゼという酵素の働きで、プロスタグランジンという物質に変化し痛みとして脳に伝達します。そこで、シクロオキシナーゼの働きを防ぎ、プロスタグランジンが作られないようにします。

非ステロイド系消炎鎮痛薬はこれらの働きで炎症を抑えることが出来ます。非ステロイド系消炎鎮痛薬は非常に即効性があるので、服用してから1、2時間後には効果が現れだし、痛みが和らいできます。

しかし、非ステロイド系消炎鎮痛薬は胃潰瘍などの胃腸障害が起こりやすいので、胃腸薬と併用したり食後に服用するなどの注意が必要になってきます。それと、定期的に胃の検査も受けましょう。

それと、もう一つ注意しなければならない副作用に浮腫があります。この浮腫は筋肉の少ない女性や腎機能が弱い人などの主に高齢者に多く見られる症状の様です。対策としては水分補給の調整や下肘の屈伸運動を行なっていきましょう。病状によっては運動を中止するほうが良いのですが、それは自分では決めずに担当医の指示に従いましょう。。

非ステロイド系消炎鎮痛薬には、化学構造式から9系統、約40種類もあります。この非ステロイド系消炎鎮痛薬は強い鎮痛消炎効果が期待できる半面、副作用があります。効き目の強い薬はそれ以上に副作用が出ますので注意してください。なので、ゆっくり溶けていく徐放薬が好ましいです。薬は継続して使っていると、肝臓や腎臓に障害を起こす可能性があるので注意しましょう。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > 関節リウマチの炎症を和らげる非ステロイド消炎鎮痛薬

経済