リウマチ合併症検査 HOME

リウマチの合併症検査について

リウマチの合併症検査は自覚症状がなくても定期的に検査を受けることが大事になります。リウマチの合併症は疾病から起きる場合と、長期間使用している薬の副作用でほぼ全身の臓器に合併症が起こってしまいます。リウマチの合併症にはどのような薬を服用していてどのような効果があるか?どのような副作用があるか?正確に把握しましょう。

それと、合併症の内容によっては早期に処置をする必要があります。なので普段からのお医者さんとのコミュニケーションが大切になってきます。自覚症状などがなくても定期的に検査は絶対に受けましょう!あなたの心がけが大切です。

リウマチが引き起こす様々な合併症の部位

発症部位 疾病や症状
全身 体のだるさ、微熱、食欲不振、疲労感
胸膜炎  肺に水がたまり、発熱や、せき、胸痛などが起こる。
間質性肺炎
 肺胞と肺胞の間の結合組織である間質に炎症が起こる。
肺繊維症 官室が繊維化して硬くなり酸素交換が十分にできなくなる。
心臓 心膜炎心筋炎 心筋や心膜に炎症が起こる。その他の症状 夜寝ていて苦しくなる
神経 手足のしびれや、ビリビリする感覚がある
血液 貧血 顔色が悪く疲れやすい状態、その他の症状 血小板や白血球が極端に少なくなることがある
腎臓 間質性腎炎 ネフrンを取り巻く監視に炎症が起こる。たいていの場合は無症状
シェーグレン症候群 自己免疫疾患の一つで、涙腺や唾液腺が炎症を起こし目や口が乾く、強膜炎 眼球のいちばん外側の強膜が炎症を起こす
皮膚 皮下結節  皮膚の下にできる、1から3センチくらいの硬いしこりでリウマチ結節とも呼ばれる。その他の症状 皮膚がただれる、皮膚が薄くなってない出血が起こりやすくなる
十二指腸・胃潰瘍 お腹が減ると胃がキリキリ痛んだり、食べると気持ちが悪くなったりする。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > リウマチ合併症検査

経済