リウマチの物理療法 HOME

リウマチの物理療法とはどんなの?

リウマチの物理療法と種類と効果

リウマチの物理療法と言うのは、熱や光、水流や電気などの物理的エネルギーを利用し、痛み、血行、浮腫、の改善や筋肉を柔らかくするといった効果があります。リウマチの物理療法の種類には水治療法、電気療法、寒冷療法、温熱・光線療法などの種類があります。

水治療法
水の浮力を利用して、体重を軽くすることで、関節の負担を減らすことができる物理治療法です。水の抵抗、圧力などにより、自分に合った負荷での運動が可能となります。過流欲、気泡浴、プールなどの種類があります。

電気療法
低周波などの電気刺激を与えて筋肉を刺激し、体のコリなどを改善し、痛みを和らげる効果があります。TENS、SSP、低周波治療法などの種類があります。

寒冷療法
氷水や保冷剤などを用いて炎症部分を冷やすことで痛みを和らげ、浮腫を改善する効果があります。治療法の種類にはアイスマッサージやアイスバックなどの物理療法があります。

温熱・光線療法
電磁波や超音波、熱、光などのエネルギーを使い、患部を温めることで、血行や痛みを改善し筋肉も柔らかくします。治療法にはパラフィン浴、極超短波療法、超音波療法、ホットパックなどの物理療法があります。

自宅でできる温熱療法

関節リウマチに置いては体を冷やすないようにすることが大事です。それでは自宅で効果的に体を温められる方法を紹介します。それはズバリ何かと言うと入浴になります。さらに入浴時に柚子やカボスなどをお風呂に入れると、保湿効果が高まり、関節リウマチには非常に良いです。是非試してみてください。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

お風呂の温度は大体38度ぐらいの温度で、およそ20分程度は温まります。そうすることによりリラクゼーション効果が得られ、筋肉も和らぎまし、関節リウマチに効果的です。入浴後はサポーターなどを用いましょう。そうすることにより保湿効果が持続されますので、より良い効果が得られます。自宅で手軽に出来る物理療法としていかがでしょうか。


トップページ > リウマチの物理療法

経済