リウマチ悪化のパターン HOME

リウマチの悪化パターン

リウマチと言う病気は、様々な症状があり、リウマチの進行にはいくつかのパターンがあります。一つは、症状がよくなったり、悪くなったりということを何年にもわたって繰り返しながら、関節の症状が悪化していくパターンで、これは多周期憎悪型と呼ばれています。その一方で、多周期憎悪型と、同じような経過を繰り返しながら、症状が改善される場合があります。これを多周期寛解型といいます。

また、1、2年前後で症状がなくなり、治るものもあります。これを単周期型といいます。そして、極めて症状の進行が早いのが、急性悪化型です。急性悪化型は、特に気をつけなければならず、数年で車いす生活を余儀なくされることもあり、大変危険なパターンになります。

患者の割合からすれば、多周期憎悪型・多周期寛解型が、およそ7、8割を占め、単周期型と急性悪化型が、それぞれ1割程度というところです。ですので、関節リウマチとは、痛みとの長い戦いになることがほとんどなのです。

>>リウマチの痛み解決方法を公開中<<

トップページ > リウマチ悪化のパターン

経済